Royal international hotel in Leipzig

---- ADVERTISEMENTS ----

最近、ほとんどやっていなかったホテルの紹介を。

 

数日宿泊しているホテルは、こちら。

 

Royal international hotel in Leipzig

 

面白いことに、実際に自分が住んでいた都市にあるホテルは、よく分からず、

自分で予約しようと思った時に、どこがいいか悩みました。笑

 

最近、このホテルの隣に、現代美術館とショッピングモールが併設されたので、便利かなと思い、ここにしました。

地球の歩き方にも載っていました。中央駅から、5分ほどです。とても便利です。

旧市街は、Leipzigの下側なので、教会などへは、ここから徒歩10分ほどです。

もともと大きな都市ではないので、 この近辺であれば、どこでもいけるのが本音です。

 

さて、室内は、キッチンが付いています。休日をドイツで過ごす場合は、日曜日はレストランなどほとんどお休みなので、キッチンがあるようなところが結構便利です。

 

DSC03097

 

室内の机も、十分という感じ。

 

DSC03098

 

窓を開けるとヤナレーという大通りが見えます。

 

DSC03099

 

ドイツのダブルベットは、ほぼ、80cmのシングルを2つくっつけたものです。

シングルサイズは、幅、80cmなので、中々窮屈です。

 

DSC03100

 

僕は、このスーツケースを持って10年前、この土地に来ました。

このスーツケースは、すでにボロボロで、タイヤも壊れそうでしたが、今日まではと思いなんとか使ってきました。

 

DSC03101

 

お風呂とトイレは、高級ホテルに宿泊したとしてもこんな感じです。

安いところでもそんなに変わりません。

 

DSC03102

 

ドイツの典型的なホテルでした。

正面にこれもチェーン店のibisホテルと隣はマリオットホテルがあります。

ドイツ資本の古き良きホテルに泊まりたい人には、おすすめです。朝食もドイツの一般的な朝ごはんを楽しめます。

 

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA