Church’s CHETWYND 6.5F

エドワードグリーンに引き続きチャーチのコンサル、チェットウィンドと立て続けに購入しました。

 

Church’s CHETWYND 6.5F

 

Edward Greenも 6.5 で幅は、Eですが、私の足型の場合、おおよそエドワードグリーンとチャーチの差はありませんでした。

一般的には、エドワードグリーンよりもハーフサイズ小さくできることが多いようですが、私は甲が高めなので、サイズを下げると甲が痛くなり、内羽根の開きも大きくなりすぎ、若干パンパンに見えます。そのため、グリーンと同じサイズを選んでいます。幅がFなので、若干ゆとりはありますが、全く許容範囲です。逆に言うと、グリーンが万能すぎ、フィットしすぎなのだと思います。流石に価格は、倍違うのでフィット感も当然違います。苦笑

 

ただ、普段ガツガツ使うにはちょうどいいです。

 

シューツリーは色々悩んだのですが、結局、日本国内で流通しているツリーを購入しました。

 

DSC04059

 

中に、押し込まれると先端が開くような仕組みになっています。

 

DSC04060

 

この通り。

 

DSC04061

 

シューツリーの種類が少ないため、このようなデザインになるのはわかりますが、専用型ではなく、汎用的なツリーなので、他の製品でも問題なく代用できるはずです。ポイントは、靴が伸びることと、ヒールカップをしっかり抑えることにあります。普段シューツリーは、一晩乾燥させた後に、履いた日の翌日に入れるようにしています。

 

シューツリーを入れると渋いです。

 

DSC04063

 

取り出すところが、メタルではなく、木だけのデザインなので、スーツケースに入れても他のものと干渉することはありません。

 

DSC04064

 

実は、今回は、海外や海外通販で購入したわけではなく、Amazonで20%引きの時に購入しました。

現在、円安なので、日本で購入した方が安いように思えます。

 

あー1ドル80円時代が懐かしい。

 

 

---- ADVERTISEMENTS ----
CategoriesTags

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA