Bose SoundSport Pulse wireless headphones

長らく、ノイズキャンセラーの機能を持ったものを使用していましたが、良いカナルタイプのヘッドフォン(ATH-E70)が見つかったので、持っていることに疑問が生まれていました。

 

無線で使えるBose QC30 を半年以上使っていましたが、早々に手放します。理由は、以下のとおり。

 

・ヘッドフォンは、無線と有線の2つしか持ち歩きたくない!

移動は、これ。スポーツは、これ。音楽制作は、これという持ち方を今は、しています。

音楽制作の有線とそれ以外の無線にしたく。QC30は、スポーツでは使えないため、ここをなんとか改善するべきと考えました。

 

・無線モデルは、スポーツ時にも使えるような仕様の方が良い

普段でも、スポーツでも使えるようなモデルを探しました。ここがかなり重要です。

 

・ノイズキャンセラーは、良いカナルで代用できる

飛行機に乗るたびに、カナルでいいよなぁ・・・と思っていました。特に、ノイズキャンセラーは、爆音を位相を反対にした爆音で打ち消しているだけなので、耳には負担です。一番耳に優しいのは、耳栓系のカナルです。

最近は、機内で読書や瞑想することも多く、あまり音楽を聴かなくなっているという変化もあります。

 

・iPhone 8を視野に入れている

iPhone7は、日本のGPSのみちびきに対応したため、GPSの精度が格段に上がりました。そのため、ランニング用ウォッチが不要になります。iPhone7 とRunasticなどのアプリでもほぼ同等の性能が得られるからです。加えて、生活防水なので、ランニングする程度ならば、ランニング用ウォッチは、もう不要となるでしょう。

iPhone 8 と組み合わせる何にでも使える無線ヘッドフォンを探していました。

 

最終的に選んだのは、こちらです。

Bose SoundSport Pulse wireless headphones 

無線のヘッドフォンに心拍計がついた優れものです。心拍をどう記録するかをどうするか考えていましたが、これがあれば、問題ないですね。

これと、iPhone 7以上があれば、ランニングウォッチも不要で、iPhoneだけでいけます。観光ランなどにも使え、物も少なくなります。

 

開梱してみます。例によって、しっかりした梱包箱です。

 

DSC01348

 

中身は、キャリングケース、ケーブル、イヤーチップです。

 

DSC01350

 

右側を参考にすると、耳に当たる赤いところで、心拍を計測します。実際には、左の同じ場所です。リモコンの赤外線の窓のようなものがそれです。

 

DSC01349

 

このキャリングケースが素敵ですが、ガシガシ、裸で持ち歩いています。

 

DSC01351

 

さて、QC30との比較です。

 

DSC01367

 

ほぼ同じイヤーチップです。

 

DSC01354

DSC01358

 

ジムでも使いましたが、トレッドミルで計測する心拍の±2程度でした。これならば、問題なくランニングなどでも使えます。

iPhone 8がリリースされるのが楽しみな商品です。

 

 

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA