僕のバック達とこれから Tumi ALPHA2 26180 購入編

以前の僕のバック達とこれからに引き続き、バックをアップデートしました。

 

なんとあれだけ、いいなぁーと思っていました Aer Travel Pack ですが、早々に見切りをつけてしまいました。

使い勝手が悪いと言う理由よりも、このサイズに入れられるなら、もっと小さくできるな!と言う前向きな理由です。

 

ちなみに、下の写真を見てください。

右に入っているものは、カリマーのウエストポーチにランニングシューズを入れています。ランニングシューズをうっすくすることができれば、この部分も圧縮でできます。その左が、AerのDopp kit です。この中身もいろいろ見直して、コンパクトにできそうでした。Dopp kitの下がソニーのα7m2です。 

FullSizeRender

 

洋服とDopp kitの間には、カメラレンズやら、GoProなどが入っています。カメラに関しては、別に書きたいと思います。ライカのレンズは、大好きですが、レンズ交換式カメラにマウントアダプターをつけて持ち歩くことがかなり億劫になってしまいました。加えて、本体、レンズを外したままバックに入れてしまうと出番が、へる、へる!特に、家族で行動している時には、子供を連れて歩き、荷物を持ち歩いている時点で、カメラの出番がなかなかありません。出張中も、空港などでちょっと撮ろうという気になかなかなりませんでした。そのため、もうレンズ一体型一つに絞ろうと思い、全て売却して、Sony RX1RM2を購入しました。

 

現在、所有しているカメラは以下の3台です。Sony RX1RM2のレビューなどは次回とします。

通常持ち歩くものは、Sony RX1RM2です。GoProは、子供と遊ぶ時だけにしようと思っています。

 

IMG 1269

 

さて、バックの中身ですが、衣類もかなり見直しました。特に、モンベルの下着セットを持ち歩くことで、かなりの軽量化ができました。また、現在、基本ファッションも見直しておりまして、まずは体を絞っております。笑

 

Aerのバックは、容量32リッターですが、やはり大きいバックは、詰め込みやすく不要なものも多かったと思います。重量は、おおよそ13キロぐらいでした。このバックだとかなり重く感じます。特に、肩のストラップが太いことと、重心がかなり下にあるため、背負った感じが重く感じます。また、見た目もカジュアルすぎたかなと思いました。

カジュアルなバックは、他にも選択肢があり、軽いものも多くあるので、パタゴニアなどを選んだ方がいいかなと思いました。

 

ようやくタイトルのTumi ALPHA2 26180 購入編ですが、結局、Tumiだよなという結論に落ち着きます。10年近くTumiを使ってきましたが、やはりTumiに戻りました。笑。

購入したモデルは、Tumi ALPHA2 26180の3 way Briefです。バックパック用ストラップを取り出すと、バックパックにもなります。容量の明記はありませんが、おおよそ 20 リッターです。これに、2泊分の下着、ワイシャツ、ネクタイ、トレーニングウエアからランニングシューズを入れて、さらにSony RX1RM2を持ち歩き、出陣です。

はい、これだけで、滞在先で季節が変わらないければ、1週間でも2週間でも動けます。

以前のブログでも書きましたが、ケースを持ち歩くことを極力排除するために、Tumiを選びました。パスポートもケースに入れず、バックに裸で入れています。

 

残りの人生思いっきり仕事をしたいので、定番をきっちり極めて僕なりのパーソナルブランディングをしていこうと思います。

 

カメラを中心に買い換えたものに関しては、これから紹介しますので、ご期待くださいませ。

 

 

 

DSC09001

DSC09007

DSC09011

DSC09012

DSC09014

最後に、Tumiを購入するならば、国内ではAmazonが最強です。頻繁に10%OFFをやっていますので、その際に購入しましょう。アメリカで購入しても、円安なので、10%ほどの差しかありません。アメリカへ行くついでがなければ、Amazon一択です。

 

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA