モバイルエンジニアのための3種の神器

なんでもかんでも小さくしたい願望がありますが、ここまで小さくなると笑ってしまう製品を普段持ち歩いています。

1、ポケットテスター

2、ポケットオシロスコープ

3、ラズベリーパイ

20年ぐらい前は、これぐらいのシステムは、持ち歩くことは到底不可能でした。いいところ、テスターのみ持ち歩けた程度でした。オシロスコープは、10キロぐらいしていましたし、リナックスが動くマシンも一般的なPCでした。今では、なんと全て合わせても200g程度に収まるという素晴らしい時代です。大きさは、どれも名刺サイズです。これは、産業革命だと思います。基本的には、これだけあれば、今流行りのIoTの開発でプロットタイプレベルまでは開発することができます。昔とは、違い、小さなメモリで起動することを求めることも不要ですし、開発に集中することができます。

是非とも、これからの若手エンジニアには、この3種の神器を持ち歩くことを習慣にしてほしいと思います。エンジニアでなくとも、使って慣れておくことで、新しいアイデアが生まれるかもしれないので、ラズベリーパイやLinuxに触ることはいいと思います。特に、子供にコンピューターの仕組みを教えるには、とてもいいツールだと思います。

  

IMG 0820

IMG 0818

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA