トンランジスタ技術 11月号 Piccaso製作写真

最近は、Linuxの組み込みが安くできるようになったことと、 スマホベースのBluetoothテクノロジーが進んだおかげで、とにかくセンサーやら安く買えるようになりました。おかげで、ラズベリーパイなどといった製品も多く登場してます。35万円のMacbook Proの隣で5000円のラズベリーパイのLinuxが動いているとなんとも複雑な気分になります。

さて、トランジスタ技術という雑誌の付録の基板と部品を購入して、Piccasoという名前のMicrochipのPicというマイコンベースのセンサーボードを作って見ました。

雑誌と部品の値段を合わせても6,500円ほど。それにラズベリーパイをプラスして様々なセンシングができることも驚きです。

 

真空管オーディオ用のはんだしかなかったため、あまり綺麗にはんだ付できていませんが、作成の様子を写真でご覧ください。

問題なく動いています。これから、色々触って見たいと思います。

詳細は、トランジスタ技術のサイトを御覧ください。

 

IMG 0602

IMG 0603

IMG 0604

IMG 0605

IMG 0606

IMG 0607

IMG 0608

IMG 0609

IMG 0610

IMG 0611

IMG 0612

IMG 0613

 

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA