空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?

発売前の情報で、以下のようにご紹介した書籍についての感想とドローンについて。

http://www.next-survival.com/2016/02/21/発売情報-空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか/

本書は、いわゆるドローンの使い方や活用などについて書かれた巷に多くある内容ではまったくありません。どちらかといえば、ガジェット感あふれる内容の書籍かと思っていました。それが良い意味で裏切られました。 この書籍は、iPhoneが空を飛ぶときに起こる次なるイノベーションやその予測される事例を述べた書籍です。 テクノロジーが新しくステップアップする時期は、おそらく今なのでしょう。ダブルドックイヤーと言われるドローンビジネスの真っ只中にいるのだと思います。

 

ドローンで有名な企業の代表とのトークもとても面白いです。

 

昨日、iPhone SEがリリースされましたが、すでにiPhoneやiPadは色々な種類がありますが、iOSというソフトウエアが入るためのハードウエアであって、”箱”のようなものです。大きくても、小さくてもOSを動かすものという箱です。ドローンもそうなるということが高城氏の意見です。僕もそう思います。すでにテクノロジーは来るところまで来ているので、もう一息いけば、ドローンも何かを運ぶ箱になってしまうのではないと思います。また、運ぶだけでなく、Amazon Echoのような製品も空を飛んで動けばよいのです。僕自宅には、ルンバが床を走っていますが、これが、段差を越える時に、空を飛ぶかもしれません。 あらゆる製品が、重力を乗り越えるそんな時代が待っているのだと思います。

是非とも、こちらの映像も参考にしながら、読み込んでもらいたい書籍です。もちろん、ドローンについて書かれた書籍では、ベストです。

ちなみに、先週高城氏にお会いしまして、この書籍にサインをいただきました。毎回、読めないサインが高城氏の特徴です。苦笑

 

NewImage

 

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? ドローンを制する者は、世界を制す

 Kindle版もリリースされています。

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA