南の島の旅行に持っていくべきモノ

ただいま、ランカウイからクアラルンプールに戻るために、ランカウイ空港のロビーにいます。iPhoneでエアアジアのチェックインから、チケットまで発券できて便利ですが、一人ならいいけど家族といるときは、色々大変だなと思い備忘録として残します。

ファミリー向けの視点で書いています。

1、各種ドキュメントフォルダー

最近は、iPhone一つでどこでもいけますが、子供連れには色々と障害があります。結局のところ、事前に予約を取り、準備する事になるとおもいますが、少なくとも、パスポート、搭乗チケット、ホテルの予約案内などは、まとめて持ち歩くべきです。夫婦で確認しあいながら、都度チェックするには、簡単なフォルダーに種類別にしておいた方がいいと思います。僕の前の外国人家族も五人連れでしたが、そのようにしていました。

 

2、iPhoneではない、通信、通話端末

日本のようにどこでもピカピカではありません。するっと落とすかもしれません。高価なiPhoneは、パスポートと一緒に金庫に入れておきましょう。ちなみに、レストランのテーブルなどにおいて、席を離れたら、絶対に取られます。ビーチなどに持っていっても、日差しが強すぎて画面は、見にくいし、熱くなって、壊れないか心配になるし、持ち歩いてもあまり良いことはありませんでした。

それならば、落としても、がっかりする事なく済ませられる格安SIMフリー端末で十分だと思いました。

一人ならば、不要かもしれませんが、家族と一緒ならば必須です。特に、格安端末は、2つあってもいいとおもいます。古くなったiPhoneを使って、スリの標的になるよりは、iPhone以外の端末をわざと使う事をオススメします。一人の観光客よりも、家族連れを狙う方が、狙いやすいので、むしろ注意が必要です。

 

3、防水カメラ

耐衝撃性の強い防水カメラがいくつか市場にあり、今は、かなり安く購入できるので、iPhoneや一眼レフなどよりも、オススメです。巷で話題のGoProは、海で泳いでシュノーケリングレベルならば、高いだけの商品です。普通の防水デジカメを購入しましょう。アクションカメラよりも、しっかり手で構えられるので、撮りやすいと思います。

---- ADVERTISEMENTS ----

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA